無敵にゴーイングマイウェイ。
 

とりあえず近況らしきものをつらつらと。



■髪を切りました。


オフラインでお会いしていない方には
ピンと来ないかもしれませんが、
肩ぐらいまでずるずる伸び切っていた髪をばっさりと切りました。

元々そんなに長さはなかったんですが、
「伸び切っていた」っていう感じがしていたのと、
あまりにも勢い良くバッサリ切ったので、
会社では、他部署の知らない方や警備の方にまで「ちょ、髪が!!」と言われ、
対人スキルの低い私はどう返していいか毎日悩んでいます。


以下、葛藤した上の私の返答。


1、『失恋です。…って言いたくて』

結構真に受けて、心配してくださった方がいたので
即日やめました。嘘いくない。だめ、ぜったい。
でもみっちーが結婚したのであながち嘘じゃなくなった今日この頃。


2、『台風に持っていかれました』

一番使った文言!
時事ネタも織り交ぜつつ、誰も傷つけない。
これは便利。ぶらぼー。
…ただ面白いことを言えている感覚は皆無。
そしてもう使えない。


3、『な*で.し/こ/ジ,ャパ:ンに影響されて』

会社でお世話になっている上司さんに、
「折角だから私が髪を切った理由考えてよ。私が休憩から戻るまでに^^」
とんでもねー無茶振りをした結果、返ってきた答えがコレである。
彼が超真顔で言うから面白かったんだけど、
わたしが言うとただのミーハーみたいになったので殆ど人には言ってない。
因みに私はサッカーのルールは全く判りません。
オフサイドって何語?^^
ワールドカップとか見てないです、って言ったら
同期のおにーさんに非国民扱いされるレベルでわかんない!^^


4、『どうせ皆、色白黒髪ロングの女の子がすきでしょ?w』

一回だけ言ったwww
そしたら「どうしたの?!失恋したの!?」って逆に心配されたwwww



とりあえず理由なんてなあ!
ロング憧れてたけど維持できなかったからだよ!w
超ものぐさだからね!!ww

あとストレス溜まってたのでバッサリやりたかった。
切った直後はすっごい満足しました。すっきり。
あとシャンプーとドライヤーが凄い楽です。


ショートの方が周りの評判はいい気がしますが、
何だかんだで私服の趣味が少女趣味っていうかブリブリ好きなので、
手持ちの服がざっくり似合わなくなってとりあえずしにそう。
やっぱりボブくらいが一番だわ。


なんというか凄くもてない中学生男子のようです。



*


■京都に行く計画


相方が『そうだ、京都に行こうっつうか里に行くぞコノヤロー』とか言い出したので、
多分2泊3日くらいで冬の京都に行こうかと計画しています。
友人T嬢も含め3人でおとなの修学旅行です!
ひゃっほー。

でけえ野郎2匹を担いでいくのは正直辛いので、
何もなければ鳴佳さんを連れて行く予定です。
ボークスのドールとしては初お迎えの子なので。


以下、相方と京都の話をしていたときの会話
『移動中の幼SD撮りたいねえ、三人並べて』
「ああ、可愛いだろうね。え、しーさんち幼SD増えるの?」
『え?Tのウチの子と、ウチの子と、苔さんちの子だよ?』
「えっ、えっ、うちにはちびっこ居ませんけど?^^」
『旅行といえば、幼SDだろう?^^可愛いぞー?^^』


相方の謎のプッシュに負けそうなんだけど、どうしてくれるのww


しかし特に里に行って欲しいものとか何もなくて、
雰囲気だけ楽しめればいいかなーなんて思ってたんだけども、
そういえば里ってSDGrボディをフルチョイスできましたよ、ね・・・!



34番ヘッド、Grボディでふるちょ・・・って馬鹿!!!orz


だってGrボディの可動が凄く気になるんだよー。
まあ、そしたら女子ボディが我が家にやってくることは
ついぞなくなってしまうでしょうけどw


…まあこのまま永遠の男所帯でもいいかなって気はしてきました。



てか、あれだ。
どうせ里行くのって今回だけじゃないよねwwww
ちみちみ貯めて里チョを目標にするのもいいかなあ。


まあアレです。
今年がお迎えラッシュ過ぎるのでね。
数年計画でまったり頑張ります。



*


そして明日は、友人とお出掛けなのですが、
こいつが非常にゴーイングマイウェイでしてw

『待ち合わせどうする?』
「んー、9時だと早い気がするし10時だとゆっくりかな?…間取って9時半くらいにしよっか?」
『よし8時な』


何 故 は や く な る w


なんだかんだで私の中での甘哉のモデルはこの人なんだけどね。
お互いワガママかつ空気読めないタイプなので性格的に相性は良くない気がしますが、
何故か一緒に居るとわくわくする不思議な人です。



さて、とっととお風呂入って寝るべ。



支離滅裂だけどおわりますー。
日常 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lilac-lilac.lilac.jellybean.jp/trackback/34
<< NEW | TOP | OLD>>